スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アパート火災、近隣住民が救出するも住民男性死亡 東京・八王子(産経新聞)

 24日午前8時5分ごろ、東京都八王子市川口町の2階建てアパート1階に住む無職、森昌男さん(66)方から出火、同室約20平方メートルが焼けた。

 東京消防庁によると、近隣の男性2人が、森さんとみられる男性を救出したが、搬送先の病院で間もなく死亡。救助活動をした男性2人や、アパートの住民の女性1人が負傷した。警視庁八王子署は遺体の身元確認を急ぎ、出火原因を調べている。

 現場はJR八王子駅から北西に約4キロの住宅地。

【関連記事】
アパート火災で幼児2人が心肺停止 宮城・名取市
民家全焼85歳?仏間で死亡 岡山・美作
お手柄相撲部員 民家火災で4歳児救出 京都
幼児のライター遊び原因か 東京・練馬の幼児2人死亡火災
「自暴自棄に…」寮に放火容疑で作業員逮捕

「介護に疲れた」母の首絞める 都立病院職員の長男逮捕(産経新聞)
産廃の不法投棄 罰金最高3億円 環境省改正案(産経新聞)
誕生、上州の究極B級グルメ「うTON飯」(産経新聞)
<雑記帳>“究極”のすし折り登場 18店の定番詰め合わせ(毎日新聞)
<与謝野元財務相>債務残高増大、民主党も責任取って(毎日新聞)
スポンサーサイト

<訃報>吉田昭さん74歳=弁護士、元神戸地裁部総括判事(毎日新聞)

 吉田昭さん74歳(よしだ・あきら=弁護士、元神戸地裁部総括判事)21日、脳出血のため死去。葬儀は近親者で済ませた。

 兵庫県西宮市の知的障害児施設で74年、園児2人の遺体が見つかった「甲山事件」の差し戻し審判決(98年3月)で、神戸地裁裁判長として元保母の女性に無罪を言い渡した。

リコール制度見直しを検討=トヨタ問題踏まえ-前原国交相(時事通信)
過労で発症、2億円弱賠償命令=元飲食店店長、意識不明で寝たきり-鹿児島地裁(時事通信)
<シー・シェパード>保護したメンバー、海保が事情聴取へ(毎日新聞)
<児童ポルノ>被害最多 虐待も過去最悪に 09年統計(毎日新聞)
アグネス・チャンさん ソマリアの苦境 帰国報告で訴え(毎日新聞)

鳩山首相、公邸改修に474万円 浴室改修は否定(産経新聞)

 政府は23日の閣議で、鳩山由紀夫首相と幸(みゆき)夫人が昨年10月末に首相公邸に入居する際、内装や床の改修、洗濯乾燥機2台の購入などで計約474万円を支出したとする答弁書を決定した。自民党の高市早苗衆院議員の質問主意書に答えた。

 和室などの内装補修や床の改修に約413万円、洗濯乾燥機の購入と故障した洗濯乾燥機2台の撤去に約61万円を支出していた。

 高市氏は主意書で「麻生太郎前首相が入った風呂に入りたくないという理由から約1000万円を使用し、風呂場の改修工事が行われたのでは」と指摘したが、答弁書は「浴槽の清掃が行われた事実はあるが、改修工事の事実はない」と否定した。

 首相は12日の衆院予算委員会で「風呂場と洗濯機を変えたかもしれない」と答弁したが、その後、浴室の改修を否定していた。

【関連記事】
納税者は皆、怒っている 国税は悪質脱税を告発せよ
親族会社の株式 鳩山首相は現在も保有
美絵子センセイ資産0円、裸一貫のチャレンジ証明
小沢夫妻 総資産19億7300万円預貯金はゼロ
「ポスト鳩山」の懐具合…小沢氏が“桁違い”で圧倒

次官→局長は「減給」、国家戦略相が強調(読売新聞)
<糖尿病>働き盛り調査…治療と仕事両立探る 5千社対象(毎日新聞)
押し入れにライター、幼児の火遊び原因か 練馬の火災(産経新聞)
母親に暴行、死亡させる=殺人未遂容疑で58歳男逮捕-警視庁(時事通信)
「めぐみさんと会った」=金元工作員の証言を確認-中井担当相(時事通信)

<「リニモ」>停電で900人閉じ込め 愛知の無人運転列車(毎日新聞)

 18日午前7時35分ごろ、愛知県尾張東部などで停電があり、愛知高速交通東部丘陵線(リニモ)への送電が停止した。上下6本が立ち往生し、乗客計約900人が44~88分、車内に閉じ込められた。愛知高速交通によると、体調不良を訴える人はいないという。【山田一晶、月足寛樹】

 同社によると、リニモは全線(8.9キロ)、全駅で停電。送電を同8時5分に中部電力からの予備線に切り替えて電気復旧した。しかしリニモは無人で全自動運行しているため、係員を停車中の各列車に派遣するまで停車が続き、同9時5分ごろから順次、手動で運転を再開した。正常運行に戻ったのは同9時27分。上下30本が運休し、通勤通学客ら約4000人に影響した。

 停電と同時に、列車を管理する列車運行システムもダウン。予備線への切り替えでシステムが正常に稼働していることが確認できたため、係員が列車に到着し次第、運行を始めたという。停車した6本のうち2本はトンネル内で止まったため、係員が手動で近くの駅まで移動させ、運転再開を待った。残る4本は駅で停車したが、ドアが開かず、乗客は降りられなかった。

 同社は停電直後に自社のホームページに掲載したが、報道発表は停電から約4時間後だった。総務課の担当者は「救出に人をかけ、公表が遅れてしまった」などと話している。

 中部電力によると、停電したのは愛知県長久手町を中心に同県尾張東部と名古屋市東部で、一般世帯は少なくとも計1万9000戸が1~6分停電。一部工場の操業にも影響が出た。送電線のトラブルが原因とみられる。

 ◇複合的な原因

 愛知高速交通によると、リニモが05年の開業以来、30分以上にわたり、乗客を閉じこめるトラブルを起こしたのは初めてだという。

 同社によると、復旧が遅れた原因は▽路線距離(8.9キロ)が短いため、電力供給ラインが2本しかなかった▽予備線への切り替えに手間取った▽無人自動運行のため、手動で運行させる係員の派遣や列車周辺の安全確認に時間を要した--ことなど複合的なものだという。同社総務課は「今回の輸送障害を真摯(しんし)に受け止めたい」とコメントしている。

 リニモは05年8月、落雷による停電で数分間止まったことがある。

【関連ニュース】
米大雪:21万世帯停電 首都で積雪60センチ
停電:豊根と設楽の900戸が 土砂崩れ原因、最大142分 /愛知
大雪:中南信地域で停電相次ぐ--大鹿村など1900戸 /長野
停電:津市内の3500戸で最大9分間 /三重
停電:発電機停止、7700戸が--種子島 /鹿児島

<五輪アイスホッケー>米が2連勝 女子は準決勝へ(毎日新聞)
<龍谷大>院生にセクハラと解雇 教授は「恋愛関係」主張(毎日新聞)
男子フィギュア、最高視聴率27.2%=日本テレビ-バンクーバー五輪(時事通信)
<消費税>「4年間は上げぬ」首相(毎日新聞)
西武新宿線で運転見合わせ 作業用列車とトラック接触(産経新聞)

産科補償制度で初の原因分析報告書―公表は3月中旬以降に(医療介護CBニュース)

 昨年1月にスタートした産科医療補償制度を運営する日本医療機能評価機構は2月19日、キャリアブレインの取材に対し、脳性まひ発症の原因を分析し、再発防止策などをまとめた初の報告書をこのほど機関決定したことを明らかにした。同報告書は今後、分娩機関と児・家族に送付されるほか、要約版を同機構のホームページ上に掲載。また、同機構に開示請求した場合、全文版を送付する。要約版の公表は3月中旬以降になる見通し。

 報告書は、「事例の概要」「脳性まひ発症の原因」「臨床経過に関する医学的評価」「今後の産科医療向上のために検討すべき事項」などについてまとめる。
 作成についてはまず、補償の申請時に分娩機関から送付された診療録などを基に同機構が事例の概要をまとめる。その後、これらを基に原因分析委員会の部会が報告書案をまとめ、同委員会が審議して承認の可否を決定。最終的に同機構が機関決定する流れとなっている。


【関連記事】
原因分析の責任は評価機構に―産科補償制度
産科補償制度、初年の補償対象者は12人―診断医に迷いも
産科補償制度で原因分析を開始
原因分析「医療側の考え方で進めるしかない」―2009年重大ニュース(8)「産科医療補償制度」
剰余金の取り扱い、来年も同様の仕組みに-産科医療補償制度

<JAL>ドラえもんジェットが完成 報道陣に公開(毎日新聞)
政調復活に慎重=前原国交相(時事通信)
消費税の議論早過ぎる=鳩山首相(時事通信)
SS侵入で前原国交相「内閣全体の判断が必要」(産経新聞)
肺動脈性肺高血圧症治療薬でライセンス契約―日本新薬(医療介護CBニュース)

<医療事故書籍>集英社と毎日新聞記者 賠償命令判決確定(毎日新聞)

 東京女子医大病院で心臓手術を受けた女児の死亡事故で業務上過失致死罪に問われ無罪が確定した医師(46)が、毎日新聞医療問題取材班の書籍で名誉を傷つけられたとして、発行元の集英社と取材班の記者に200万円の賠償を求めた訴訟の上告審で、最高裁第3小法廷(田原睦夫裁判長)は16日付で、集英社と記者の上告を棄却する決定を出した。80万円の支払いを命じた1、2審判決が確定した。

 問題になったのは集英社新書「医療事故がとまらない」。医師の装置の操作ミスが原因との記載について、東京高裁判決は「02年の新聞連載時は真実と信じる相当の理由があったが、03年の書籍発行時では外部学会が否定的な見解を示していた」と判断した。

 集英社広報室の話 当方の主張が認められず、誠に遺憾です。

【関連ニュース】
医療ミス:チューブ外れ60代患者死亡 熊本医療センター
医療事故:動脈傷付け女性死亡 愛知県がんセンター
京大病院:90代患者から高濃度インスリン検出
医療事故:誤って降圧剤など投与 男性患者死亡 愛媛
腎移植:「誤診で摘出」提供者が岡山・備前市を提訴

小坂、佐藤ゆかり氏公認へ=参院比例代表で自民(時事通信)
電源コード断線で火災多発=こたつや電気あんか、突然発火-製品評価機構(時事通信)
小林議員側「裏金」疑惑 組織的癒着にメス 「火のないところに煙は立たない」(産経新聞)
65人が結核再検査 江東区(産経新聞)
菅財務相、消費税論議の封印を改めて否定(産経新聞)

<73歳窒息死>のどの骨折れる 水戸署に捜査本部(毎日新聞)

 水戸市渡里町、無職、木村はるさん(73)が自宅で窒息死しているのが見つかった事件で、茨城県警は15日、木村さんが殺害された疑いが強いとみて、水戸署に捜査本部を設置した。司法解剖の結果、のどの骨が折れていたといい、死亡推定時刻は9日午後以降とみられる。

 捜査本部によると、木村さんは11日午前8時ごろ、前日から連絡が取れないため心配した次女(38)が自宅を訪ねたところ、居間のこたつであおむけの状態で死亡していた。室内を荒らされた形跡はなかった。【原田啓之】

国会議員アンケート 外国人参政権 民主党にも反対論(産経新聞)
理学部入試で出題ミス=立教大(時事通信)
九州南部大雨、関東甲信は大雪=低気圧通過で警戒を-気象庁(時事通信)
保険外併用療養など「早急な結論は危険」―枝野行政刷新相(医療介護CBニュース)
包丁準備し侵入か=監禁場所を現場検証-石巻3人殺傷・宮城県警(時事通信)

首相官邸に銃弾か? 差出人は「小沢一郎」(産経新聞)

 東京都千代田区の首相官邸と、小沢一郎民主党幹事長の事務所に12日午前、銃弾のような金属弾が各1個入った封書が届いたことが警視庁麹町署への取材で分かった。同署は脅迫容疑などで捜査するとともに弾の鑑定を進めている。

 同署によると、官邸あては手書きで「鳩山由紀夫殿」とあて名書きされ、差出人欄に「小沢一郎」と切り張りされていた。中にB5判の紙があり、鳩山首相の写真の切り抜きと金属弾がセロテープで張り付けられていた。一方、小沢幹事長の事務所に届いた封書は手書きであて名に「小沢一郎殿」、差出人に「小澤一郎」と書かれていた。

 いずれも白い封筒にライフルの弾のようなものが各1個入っていた。弾の種類は異なるという。消印からいずれも数日前に23区内で投函(とうかん)されたとみられる。

【関連記事】
警視庁蒲田署で銃弾5発を紛失か 保管記録と数合わず
首相官邸に届いた銃弾は鳩山首相あて 官房副長官が会見で説明
また銃弾? 小沢氏事務所と官邸に郵送
今度は小沢氏の自宅に銃弾?郵送 「辞職しろ」との脅迫文も
小沢幹事長事務所への弾は実弾

吉村氏が民主会派入り=参院(時事通信)
<鳩山首相>11日に63歳の誕生日 前祝いで苦しみ吐露(毎日新聞)
エビ養殖詐欺、元幹部に無罪=「故意認められず」-東京地裁(時事通信)
交通局職員5人 都が戒告処分(産経新聞)
<消費税>「4年間は上げぬ」首相(毎日新聞)

国家公務員法改正案を閣議決定へ(産経新聞)

 政府は12日、公務員制度改革の一環として、中央省庁の幹部人事を一元管理する「内閣人事局」を内閣官房に設置することを柱とした国家公務員法改正案を閣議決定する。事務次官級から部長級への降任を可能にする特例規定を新たに盛り込み、政治主導の確立をはかる。ただ、人事院や総務省が握る人事行政業務の移管は法案に明記されず、内閣人事局の機能は当初の想定より縮小された。改革の多くは先送りになった。

 改正案では、首相や官房長官が各省庁の幹部候補者名簿の作成すると規定。幹部職員の省庁を超えた異動を容易にし、「省益」を重視しがちな縦割り行政の弊害の排除を目指す。内閣人事局の局長は首相が官房副長官の中から指名する。すでに松井孝治官房副長官の起用が固まっている。

 また、事務次官級と局長級を同一のランクとみなし、部長級と分離する2段階型の人事体系に変更。従来、分限処分など厳格な要件が必要だった降格・転任についても、首相らの権限で可能になるよう弾力化した。「実際にはよほどのことのない限り抜かない伝家の宝刀だが、人事権行使の範囲を広げることで、政治家が霞が関の官僚ににらみをきかせる」(内閣府幹部)のがねらいという。

 ただ、内閣人事局の役割は限定的となった。自民党の福田政権下の平成20年6月に施行された国家公務員制度改革基本法では、内閣人事局の役割を「総務省、人事院が人事行政に関して担っている機能について、必要な範囲で移管する」と規定。級別定数の見直しや定員管理といった公務員にとって「痛みを伴う改革」を想定した。

 麻生前内閣は昨年3月、こうした構想を踏まえた国家公務員法改正案を提出したが、衆院解散に伴い審議未了のまま廃案となった。

 しかし、民主党政権下の法案ではまるまるこの趣旨が抜け落ちた。背景には「民主党の支持母体である労働組合が最重視する労働基本権付与の問題が片づかないのに、人事行政全体の制度設計は進められない」(公務員制度本部関係者)という民主党政権ならではの“お家事情”がある。

 政府は年度内に法案を成立させ、4月1日からの施行を目指すが、抜本的な公務員制度改革にはまだ時間がかかりそうだ。

【関連記事】
外国人参政権で意見交換、地方側から反対意見続出 全国議長会
国家公務員法改正案を12日に閣議決定へ 内閣官房に人事局
内閣人事局長に松井副長官起用へ
「事務次官から局長に降格も」国家公務員法改正で鳩山首相
「まるで圧力団体」民主、検察&メディアに“あの手この手”

ブランド買取店に強盗、170万奪われる 兵庫・宝塚(産経新聞)
<雑記帳>エゾシカ使った新メニューで目黒選手を応援(毎日新聞)
皇后さまがラン展を視察(時事通信)
糖尿病性腎症の関連遺伝子を発見―理研(医療介護CBニュース)
国有無人島1億1万円で落札=初の競売、法人が新オーナーに-広島・呉(時事通信)

<将棋>17日から王将戦・第4局(毎日新聞)

 羽生善治王将(39)に久保利明棋王(34)が挑む第59期王将戦七番勝負の第4局(毎日新聞社、スポーツニッポン新聞社主催、山陰中央新報社など後援、小松電機産業、人間自然科学研究所特別協賛)は17、18の両日、松江市のホテル一畑で行われる。2勝1敗とリードしている久保が初の王将位に迫るか、6連覇を目指す羽生が追いつくか。

 第1局は、久保が三間飛車で快勝。第2局は、羽生が久保の中飛車を打ち破った。第3局は、久保が相振り飛車の戦いを制した。

 ここまでは、いずれも先手番が勝っている。

 第4局は羽生の先手番で、持ち時間は各8時間。立会は井上慶太八段、解説は安用寺孝功六段、記録は折田翔吾二段。【山村英樹】

【関連ニュース】
将棋:久保が逃げ切り、2勝目…王将戦・第3局
将棋:17歳・里見が初の女流名人獲得 倉敷藤花と2冠に
将棋:王将戦七番勝負第3局始まる 今期初の相振り飛車に
将棋:王将戦第3局 初の掛川城タイトル戦 10、11日
将棋:渡辺竜王が初のA級入り 名人戦順位戦

医療援助隊、13日で活動終結=ハイチ大地震(時事通信)
<調査捕鯨>「日新丸」を2隻の抗議船とヘリが妨害(毎日新聞)
<さっぽろ雪まつり>来場者が過去最高 11日終了(毎日新聞)
弟・邦夫氏が証言 首相「子分を養うためにお金が要る」 母親からの資金提供問題で(産経新聞)
<菅財務相>「消費税、3月から本格的に議論」(毎日新聞)

<確定申告>かけ声むなし? 鳩山首相「税金払って」(毎日新聞)

 鳩山由紀夫首相は15日、首相官邸で記者団に、16日から始まる所得税の確定申告期間を控えて「国民には当然税金を払っていただき、国民の暮らしを守る政治を作り上げていく」と指摘した。鳩山首相は実母からの資金提供問題で修正申告しており、「政治に対する信頼を回復させていかなければいけない。自らも戒めながら、この国をさらに良い国にしていくため、国民に税金をお支払いいただきたい」と述べた。【小山由宇】

【関連ニュース】
子ども手当:11年度は満額…首相「余裕の分」発言否定
鳩山首相:子ども手当財源「無駄の削減でできた余裕で」
鳩山首相:子育て父母が意見 「リアル鳩カフェ」で対話
鳩山邦夫氏:首相が母親に資金提供を求めたかは不明と説明
鳩山首相:解散政党交付金の寄付禁止に前向き姿勢

ファイル共有ソフトで映画=ネットカフェ店長を逮捕-上映権侵害容疑で全国初・千葉(時事通信)
<お別れの会>宮沢健一さん=元一橋大学長・1月9日死去(毎日新聞)
<公務員法改正案>閣議決定見送り(毎日新聞)
<毎日育英会奨学生>卒業祝賀会を東京で開催(毎日新聞)
仙谷氏「私なら離党」 石川被告進退で 首相、結局は小沢氏任せ?(産経新聞)

<毎日映画コンクール>「川崎舞台」華やかに(毎日新聞)

 2009年を代表する映画と映画人を顕彰する「第64回毎日映画コンクール」。8日に川崎市のミューザ川崎シンフォニーホールで行われた表彰式は、緑色のカーペットを踏んで受賞者が入場し、同ホールを本拠地とする東京交響楽団が生演奏で盛り上げるなど、華やかなイベントになった。【勝田友巳、鈴木隆】

 田中絹代賞の高橋恵子さんは「多くの人に支えられて女優を続けてこられた。賞に心から感謝したい」。

 女優助演賞の八千草薫さんは「これからも一本一本、大事に演じたい」。

 男優助演賞の岸部一徳さんは「皆さんの心に響く作品を一生懸命作り上げたい」。

 スポニチグランプリ新人賞の満島ひかりさんと西島隆弘さんは、ともに園子温監督の「愛のむきだし」に出演して受賞。

 満島さんは「壮絶な現場の後で、すてきな賞。うれしい」。

 西島さんは「監督と一緒に戦った」。

 日本映画優秀賞の「劔岳 点の記」の木村大作監督は、撮影賞も受賞。「機会があればまた撮りたい」と二つのトロフィーを掲げ、小躍りしながら退場した。

 ◇「映像のまち」に弾み

 一方、表彰式は60年以上の歴史の中で初めて川崎市で開催された。ドレスアップした受賞者が舞台に登場すると、大きな拍手がおこり、華やかな雰囲気に包まれた。

 女優主演賞の小西真奈美さんは「こんなに素晴らしい賞をいただいて、仕事をするうえで大きな勇気をいただいた」と喜んだ。

 男優主演賞の松山ケンイチさんは、川崎市について、取材に「映画の舞台あいさつでよく来ます。すごく重要なキャンペーンの場所です」と話した。

 出席した阿部孝夫市長は「東京以外では初の開催で、大変光栄に思う。『映像のまち・かわさき』の取り組みにも一段と弾みがつく」と歓迎した。【笈田直樹】

【関連ニュース】
毎日映画コンクール:表彰式に1200人
毎日映画コンクール:09年日本映画大賞に「沈まぬ太陽」
ひと:高橋恵子さん 毎日映画コンクール田中絹代賞受賞
毎日映画コンクール:日本映画界の層の厚さ感じさせる結果
毎日映画コンクール:「沈まぬ太陽」に日本映画大賞 若松監督「プレッシャーと戦った」

参院選候補選考、県民からネット投票…自民栃木(読売新聞)
看護職のワーク・ライフ・バランス推進でフォーラム(医療介護CBニュース)
<追い出し屋>被害者の会 11日に結成(毎日新聞)
民家火災で2人死亡=高齢夫婦か-山口・美祢(時事通信)
<個所付け>公共工事の「仮配分」 政府、自治体に通知(毎日新聞)

音楽ネット配信で請求トラブル=「iTunes」で多発、注意喚起-消費者庁(時事通信)

 インターネットの音楽配信サービスをめぐって、身に覚えのない料金を請求されるなどのトラブルが多発しているとして、消費者庁は12日、注意を呼び掛ける情報を同庁ホームページに掲載した。大半は米アップル社の有料配信サイト「iTunesStore(アイチューンズストア)」にクレジット情報を登録した利用者といい、同庁は来週にも同社日本法人の担当者を呼び、説明と利用者への注意喚起などを要請する。
 消費者庁によると、関東地方の女性が音楽ソフト十数万円分をダウンロードしたとしてカード会社から覚えのない代金を請求されるなど、同ストア絡みの料金トラブルが昨年秋から急増。同庁が聞き取りしたカード大手5社だけで、相談件数は計95件に上り、1人当たりの請求額も各社ごとの平均で5~25万円と高額という。 

【関連ニュース】
詳報iPad アップル、次は電子書籍に挑戦
並行輸入業者もカバー配布=英ベビーカー事故
マルチ3社、90億円所得隠し=ネット上の仮想空間ビジネス
ソフトバンクが独り勝ち=ドコモ、KDDIは減収減益-4~12月期
「iPad」、米で03年に商標申請=アップルと争う可能性も

無抵抗で刺される?前部に深い傷…宮城3人殺傷(読売新聞)
<自民>山崎拓氏、「総合政策研究所」所長に(毎日新聞)
人事院、国家公務員1種合格者のメルアド誤送信(読売新聞)
<老人施設火災>理事長ら2人を逮捕 業務上過失致死容疑(毎日新聞)
「1Q84」 「3」を4月16日発売 初版50万部(毎日新聞)

奈良・山本病院理事長「死因は心筋梗塞に」 塚本容疑者供述 手術隠蔽意図か(産経新聞)

 奈良県大和郡山市の医療法人雄山会「山本病院」(廃止)で肝臓の手術を受けた男性患者=当時(51)=が死亡した事件で、手術の助手を務めた病院の元勤務医、塚本泰彦容疑者(54)=業務上過失致死容疑で逮捕=が逮捕前の県警の事情聴取に、手術中に失血死した患者の死因について、法人理事長の山本文夫容疑者(52)=同=から「心筋梗塞(こうそく)と死亡診断書に書くように指示された」と供述していたことが8日、捜査関係者への取材で分かった。

 塚本容疑者は「『肝臓はもうかる。検査してがんにしといて手術したらいい』と言われた」とも話したという。県警は山本容疑者が主導し、良性だった患者の肝臓の腫瘍(しゅよう)をがんと偽って不要な手術に踏み切った上、患者が手術中に死亡したことや手術そのものを隠蔽(いんぺい)しようとした可能性もあるとみている。

 県警の調べでは、患者は平成18年6月16日、肝臓を一部切除する手術中に肝静脈の損傷で大量に出血し、失血死した。

 ところが、患者の死亡診断書には、死因は「心筋梗塞」と記載されていた。塚本容疑者はこの記載について、県警の事情聴取に対し、山本容疑者から指示を受けたと話したという。

 また、医師法では手術中の患者の死亡を「異状死」として警察に届け出るよう義務付けられているが、山本病院からの届け出はなかったという。

 この手術中に大量出血して容体が急変した患者の救命措置は、手術室ではなく、病室に運んだ後に手術スタッフとは別の複数の看護師を呼び集め、心臓マッサージなどを行っていたことがすでに分かっている。

 一方、患者の肝臓の腫瘍について、県警は、残されたコンピューター断層撮影(CT)の画像などから、手術の必要のない良性の血管腫だったと断定。診療報酬目的に不要な手術を行っていたことを示唆する塚本容疑者の供述と合わせ、県警は、山本容疑者らががんと故意に誤診したとみている。

 異状死の届け出義務違反と虚偽診断書作成は、いずれもすでに公訴時効を迎えているという。

【イチから分かる】内閣法制局長官 鳩山政権で役割変質か(産経新聞)
<雪あかりの路>小樽の町に、運河に、キャンドルの灯(毎日新聞)
山口組総本部を埼玉県警捜索…暴力団幹部射殺(読売新聞)
衆院予算委、19日に地方公聴会=政府、個所付け資料を提出(時事通信)
広島県沖の無人島、1億1万円で落札か(読売新聞)

<航空機座席>安全試験結果改ざん 小糸工業に業務改善勧告(毎日新聞)

 国土交通省は8日、航空機用座席の製造を巡り、安全試験の結果を改ざんしたなどとして、製造会社「小糸工業」(横浜市)に業務改善勧告をした。問題の座席は世界の航空会社32社の約1000機で約15万席使われているが、国交省は「運航は問題ない」としている。

 国交省によると、同社製座席の全134モデルで、試験結果が改ざんされたり、同省の承認を得ないまま設計変更した可能性があるという。座席に衝撃を与えて強度を調べる国の試験では、基準を上回ることができなかったため、基準をクリアした社内試験のデータに差し替えて結果を改ざんしたケースが62モデル中55モデルであった。昨年6月と7月、同社内から不正に関する情報提供があり、国交省が立ち入り検査を実施し発覚した。

 国交省は米連邦航空局や欧州航空安全庁と協議し、運行継続については現時点で問題はないと確認したうえで、使用中の座席の再試験を同社に指示した。

 会見した掛川隆社長は「他部門の管理職まで知っていた。組織ぐるみだった」と陳謝。「03年ごろ世界的に需要が増え、試験が失敗すると納期が間に合わなくなるため不正をした」と説明した。しかし国交省は、90年代半ばごろから不正が行われた疑いがあるとみている。

 同社は東証2部上場で08年度のグループ売上高は約614億円。このうち航空用座席は約110億円を占め、世界シェアは4%。日本航空では279機中184機の約2万9000席、全日本空輸では209機中141機の約2万6000席で使われている。【平井桂月】

【関連ニュース】
小糸工業(6747)は後場に下げ幅拡大 10年3月期予想を再下方修正、航空機シート納入遅れに伴う賠償金負担響く

<亀井金融相>夫婦別姓など2法案に反対(毎日新聞)
<個所付け>民主党の県連通知に野党が一斉反発(毎日新聞)
小沢氏続投「ケリついたとは思えない」…谷垣氏(読売新聞)
<訃報>山澤由江さん50歳=寄席三味線奏者(毎日新聞)
足りない!盲導犬“育ての親” 条件が壁…育成団体、協力呼びかけ(産経新聞)

「投票になったら負ける」前副知事が説得工作(読売新聞)

 福岡県町村会による詐欺・贈収賄事件で、前県副知事・中島孝之容疑者(67)が、県後期高齢者医療広域連合の議員定数の策定に際し、「市側と町村側が譲らず、選挙(投票)になったら市側が数の論理で負ける。妥協してほしい」と複数の市長を説得していたことが関係者への取材で分かった。

 福岡県警は、山本容疑者の意向を実現させるため、説得工作を図ったとみて調べている。

 関係者によると、議員定数について、町村会は全市町村から最低1人の議員を割り当てる「66」を、市長会は「効率的な運営のため」として「17」を主張して対立。2006年10月に福岡市の県自治会館で開かれた、広域連合の第2回設立準備委員会で、中島容疑者は「私なりに案を作らせていただきたい」と発言し、素案作りの一任を取り付けた。

 中島容疑者は以降、各市長に対して説得工作を開始。市長会の複数の役員(市長)が県庁の副知事室を訪れた際には「定数問題が決裂して選挙になったら自治体数が多い町村側が必ず勝つ。妥協してくれませんか」などと言って、市長会側を説き伏せていたという。

 07年2月の第3回準備委員会で、中島容疑者の提案を説明した担当者は「市長会側から反対意見がなく驚いた」と話している。広域連合は、町村会側の意向が反映された中島容疑者の提案が採用され、翌3月に全国最多の「77」で発足した。

美容機器会社社長を再逮捕=無免許でしみ取り-長崎県警など(時事通信)
鴻池運輸で情報が漏洩 中国人関与か(産経新聞)
一般歳出は0.2%増=10年度地方財政計画案-総務省(時事通信)
丸ノ内線運転見合わせ…ホームドアにトラブル(読売新聞)
荒瀬ダム 熊本県が撤去方針伝える 水利権再取得は困難(毎日新聞)

明細付き領収書、無料で全患者に=10年度診療報酬改定で検討-厚労省(時事通信)

 厚生労働省は3日、医療機関に対し、検査や処置、投与した薬剤など診療内容を費用とともに記載した明細付き領収書を、患者全員に無料発行するよう求める考えを明らかにした。同日開かれた中央社会保険医療協議会(中医協、厚労相の諮問機関)に案を提示した。2010年度診療報酬改定での実現に向け検討する。
 対象は、レセプト(診療報酬請求明細書)の電子請求が義務化されている医療機関。今年7月からは一部例外を除き、レセプトコンピューターを使用している病院と、診療所で義務化が予定されている。 

【関連ニュース】
「いのち」に気負い=「上滑り」批判も
施政方針演説要旨
施政方針演説全文
日本医師会長、民主会合に初出席
軽症患者の特別料金見送り=診療報酬改定で

小沢氏、幹事長続投を表明 「公平公正な捜査の結果」(産経新聞)
<大雪>新潟で100センチを予想 4日午後6時までに(毎日新聞)
並行輸入業者もカバー配布=英ベビーカー事故(時事通信)
<陸山会事件>水谷に5000万円出金伝票(毎日新聞)
6月に児童ポルノ対策=政府(時事通信)

倒れた妻、12歳の息子と介護…保険制度の歪み訴え 松本方哉さん(産経新聞)

 湾岸戦争、同時多発テロ、イラク戦争などを報じ、米国に詳しい国際派ジャーナリストとして知られるフジテレビキャスター、松本方哉さんがテレビ画面から姿を消した。夫人が46歳の若さでくも膜下出血で倒れ、1年後にさらなる大病に襲われたため自宅で介護している。こうした一連の出来事を手記『突然、妻が倒れたら』(新潮社)にまとめた。(牛田久美)

 アンカーを務めてきた番組「ニュースJAPAN」では、スタッフや視聴者には妻が倒れた詳細をあれから2年、一切語りませんでした。毎夜、世界各地のニュースを速報するプロとして、画面の裏の状況を引きずらない方がよいと考えたからです。手記では夕方、自宅で番組の下準備をする場面から書きました。そこに登場し、これまで協力してくれたスタッフも、突然、妻が倒れた私が仕事の裏でどんな生活を送ってきたのか詳細を初めて知った、と驚く慌ただしさでした。

 突然の発病、緊急手術、まったく反応がない「グレード5」からの生還、再手術…。息子は小学校を、私は仕事を休まざるを得なくなりました。ただ、当時10歳の息子が「パパ、ママは大丈夫だよ」と、魔法のような言葉をかけてくれたことを思い起こしながら書きつづる中で、今を闘う戦力を得られたように思います。

                   ◇

 くも膜下の介護後、いったん番組に復帰した平成20年は米大統領選の報道で、介護も仕事も頑張る綱渡りの1年間でした。明らかにモノを見る目が変わり、C型肝炎の報道も身の入り方が違う。「事象の中に人間がいる。人間を見なくてはだめだ」という原点を思いだしました。

 そんな折、妻はさらに大病を患いました。懸命に薬の副作用に耐える姿を見るのは苦しい。いろいろ考える中、私は病の妻をきちんと見ていたのか、改めて自問しました。基本は家族、これは本質です。妻を救い出し、もう一度元気にしたいと痛切に願い、昨年に番組を離れ、今にいたっています。

 身内で介護できるのは私と息子の2人だけ。息子は12歳としては易しくない道を歩いています。介護のためにクラブ活動もしていません。妻にだけでなく子供にももっと目配りをと反省しています。ただ、先日の冬休み明けの始業式の前夜も「休みに2人で分け合ってきた妻の見守りを、また明日から私1人でするのだ」と思うと、緊張からか朝まで眠れませんでした。

                   ◇

 現在は介護の合間に、医療、介護、妻の病のことを学ぼうと、複数の医療論文のサイトに登録して内外の論文を読みふけり、情報を収集して勉強する日々です。ジャーナリストとしては、医療や介護と世の中の橋渡しをする役に立ちたいと思っています。

 稼ぎ手の男性が倒れると給与面などで救済されますが、女性が倒れると、夫が介護をしつつ働くのは至難の業だということにも気付きました。現在の介護保険制度はいびつだと思っています。例えば、同居者がいるとヘルパーが食事を作ることは認められないの一点張りです。重い障害を負った妻を介護しながら、なぜ夫が3度の食事を作り、洗濯、掃除をし、ばりばり働けると思うのか不思議でなりません。介護される人たちや家族への繊細な感情が欠けています。

 実態を政策立案者に知ってほしい。全国で同じ思いをしている人にはエールを送りたい。皆さんの介護体験を聞かせてほしい。そして妻と息子には感謝の気持ちを示したいと、起こったことを包み隠さずこの本に書きました。

 沖縄・米軍基地報道に接するたび(今、現場にいたならと)、取材対象だった日米の政府高官の顔が浮かびます。介護と子育てと将来の生活と、今はどちらを向いても厳しい状況ですが、息子の成長を見守る楽しみを妻と分かち合う喜びを大切に、一日一日を積み重ねています。

 ■松本方哉(まつもと・まさや) 昭和31年、東京都生まれ。昭和55年、フジテレビ入社。報道局記者として官邸、防衛庁(当時)、ワシントン特派員などを担当。湾岸戦争、同時多発テロ、アフガン戦争、イラク戦争で情報デスクを務めた。平成15年秋から「ニュースJAPAN」キャスターに。専門は日米関係、安全保障。

【関連記事】
松本方哉キャスター、3度目の介護休業
「もっと手際良く」長妻厚生労働相が在宅介護を体験
■写真でみる■ 画期的な日本製品「あいパッド」って何?
夫の減給に我が更年期 笑い飛ばしちゃえ!!
病院に「行かない」高齢者の心を動かすには? 子供の「情」や権威を使う

男性殺害容疑で暴力団組員逮捕=金銭トラブルか-福島県警(時事通信)
<日医会長選>京都府医師会の森洋一会長が立候補(毎日新聞)
<センター入試>志願倍率は4.7倍 2次試験出願状況(毎日新聞)
<書店>新潟の老舗「北光社」 190年の歴史にピリオド(毎日新聞)
強姦致傷罪で男に懲役6年=神戸地裁支部の裁判員裁判(時事通信)

21日にシンポジウム「がん医療従事者へのメッセージ」(医療介護CBニュース)

 筑波大附属病院総合がん診療センターは2月21日、茨城県つくば市のつくば国際会議場で、がん医療従事者や一般市民を対象とした公開シンポジウム「がん医療従事者へのメッセージ」を開催する。

 第1部では「進むがん医療と『2.5人称の視点』」のテーマで、ノンフィクション作家の柳田邦男氏が講演。
 第2部は「明日世界がかわるとも、ともにリンゴの樹を植える」と題して、パネルディスカッションを実施する。座長は、筑波大附属病院の総合がん診療センター部長の赤座英之氏と、消化器内科教授の兵頭一之介氏。パネリストとして、同病院の腎泌尿器外科病院教授の河合弘二氏、消化器外科講師の小田竜也氏、婦人周産期科講師の佐藤豊実氏、看護師の金子真琴氏、臨床心理士の新井励氏のほか、患者家族の鈴木桂子氏が登壇する。


【関連記事】
がん患者への相談支援の在り方でシンポ
「がん予防は子どもから」をテーマに、来年2月にシンポ
【中医協】「がん患者リハビリテーション料」を新設
「がん対策」予算は79億円増の316億円
患者さんのためになる「がん治療認定医」

<訃報>登川直樹さん92歳=映画評論家(毎日新聞)
<普天間移設>現行案含め検討 岡田外相(毎日新聞)
<普天間移設>双方の主張を確認…日米外務・防衛局長会議(毎日新聞)
広範囲でFOMA不具合 800万人に影響か 復旧は6日未明(産経新聞)
<名古屋ひき逃げ>運転の男を手配 危険運転致死容疑など(毎日新聞)

<名古屋ひき逃げ>車内に毛髪、血痕…逃走の男女、負傷か(毎日新聞)

 名古屋市熱田区の国道1号交差点で1日未明、信号待ちの男女3人が乗用車にはねられ死亡したひき逃げ事件で、車内の座席部分に毛髪と血痕が残されていたことが愛知県警熱田署特別捜査本部の調べで分かった。特捜本部は毛髪などを採取して鑑定するとともに、現場から逃走した外国人風の男女3~4人の中に負傷者がいるとみて、周辺の医療機関などを調べている。

【事故の一報】名古屋ひき逃げ:歩道に車、3人死亡…男女4人が乗り捨て逃走

 捜査幹部によると、事故車は高速で国道脇の駐車場のフェンスに激突し、フロント部分などが大破した。しかし車内の損傷はそれほどでもなく、エアバッグも作動していなかった。乗っていたとみられる男女が直後に走って逃げたことから、当初、けがはなかったとみられた。だがその後の捜査で、座席に毛髪と複数の血痕が残されていたことが判明。特捜本部は男女が事故で負傷した可能性が高いとみている。

 また特捜本部は車内からバールなどの工具や携帯電話などの遺留品も押収。通話履歴などからブラジル人が使用していたとみられ、このブラジル人が逃げた一人の可能性があるとみて調べている。

 特捜本部によると、車は事故直前の1日未明、不審車両として熱田区内でパトカーに追跡され、約10分間、同区内や隣接する同市瑞穂区を回った後、突然速度を上げてパトカーを振り切った。【山口知】

【関連ニュース】
【遺留品が】名古屋ひき逃げ:ブラジル人の携帯 遺棄車内から
【写真特集】交通事故:京都市バスが電柱に衝突 乗客ら8人がけが
【写真特集】交通事故:悲惨 乗用車が真っ二つ
沖縄ひき逃げ:米兵を追起訴 読谷村・男性死亡
北海道ひき逃げ:23キロ引きずり死なす 容疑の男逮捕

最高齢棋士有吉九段が引退へ(時事通信)
住所は「地球周回軌道上」=野口さん、個室に表札(時事通信)
<羽毛恐竜>とさかは赤褐色、羽先は黒 全身の色ほぼ判明(毎日新聞)
業務上横領容疑で司法書士逮捕=依頼者の過払い利息返還金-富山県警(時事通信)
鳩山首相、省庁再編「1、2年で簡単にできない」(産経新聞)

名古屋ひき逃げ、運転者は20代ブラジル人(読売新聞)

 名古屋市熱田区六番の国道1号交差点で1日未明、歩道に乗り上げた車に3人がひき逃げされ死亡した事件で、愛知県警特捜本部は3日、車を運転していたのは岐阜県美濃加茂市に拠点を持つ20歳代のブラジル人の男と特定、道交法違反容疑(ひき逃げ)で逮捕状を請求する方針を固めた。

 特捜本部は2日、「車に同乗していた」として出頭してきた愛知県内のブラジル人の男(32)を、別の窃盗未遂事件で逮捕。この男の供述などから運転手を割り出した。

 捜査関係者などによると、運転していた男は、同市内のアパートに出入りしていたが、事件後、姿を見せていない。

日中歴史共同研究 日本側「苦渋の譲歩」中国側、繰り返し圧力(産経新聞)
脅迫容疑で元社員逮捕=外装社長に「殺す」電話-警視庁(時事通信)
【from Editor】今年は青森がブレーク?(産経新聞)
<雑記帳>トラフグの皮で美肌プリン開発 別府のホテル(毎日新聞)
<公務員法改正案>首相要求で幹部異動 次官降格も容易に(毎日新聞)

江戸川区が全校に読書科新設へ(産経新聞)

 東京都江戸川区は2日、読書好きな子供を育てるために、平成22年度から区立の幼稚園と小・中学校の全111校で「読書科」を新設すると発表した。区によると、これほど広範囲で読書科を設ける例は、全国でも珍しいという。

 読書科では、朝の授業時間前の少しの間を利用して子供自身が本を読んだり、区内の読書団体などに読み聞かせてもらったりして、子供の読書への関心を深めていく。

 学習指導要領とは別に進めるため、時間や方法などは各校の自由。しかし仮に「1日10分週に3回」を年間通じて行えば、年に1000時間以上を読書に費やすことになるという。

 担当課は「読書は子供の読解力アップにとどまらず、考える力をつけ、人生をより深く生きる糧にもなる」と話している。

【関連記事】
おじさん史観ではない女性誌的目線 「乙女の日本史」が話題に
顔見える本屋、売り上げ2倍 東京・丸善本店の「松丸本舗」
首相ヒマなの?丸善で本買い漁る 計28冊5万287円也
佐藤江梨子、書店員役は「まるで自分の分身」
新聞の図書館配置、小中校は35~38% 日本新聞協会

名古屋市の住基離脱に反対=強行なら法的措置も-原口総務相(時事通信)
社民国対委員長に照屋氏(時事通信)
<雑記帳>節分お水汲み祭りをPR 大阪・北新地の芸者さん(毎日新聞)
レンタルCD詐取の母子、名前8回変え返却せず(読売新聞)
外装会社に脅迫文 恨み?事業所周辺で不審火(産経新聞)

経口投与困難ならラピアクタを―日本感染症学会が提言(医療介護CBニュース)

 日本感染症学会はこのほど、1月27日に販売が開始されたラピアクタを含む3種類の抗インフルエンザウイルス薬について、使用適応と使い分けを患者の重症度別にまとめた提言を発表した。ラピアクタに関する記述が中心で、重症患者に対して、経口投与が困難な場合や確実な投与が求められる場合には、静脈注射のラピアクタの使用を考慮するよう勧めている。

 提言では、「重症で生命の危険がある患者」には、「重症例での治療経験が最も多いタミフルの使用を第一に考慮する」よう勧めた上で、経口投与が困難な場合や、確実な投与が求められる場合などには、ラピアクタの使用を推奨している。この場合、600mgでの反復投与が考えられるが、「3日間以上反復投与した経験は限られている」と指摘し、副反応の発現などに注意を呼び掛けている。
 「生命に危険は迫っていないが、入院管理が必要と判断される患者」にも、基本的にはタミフルの使用を考慮する。しかし、経静脈補液を行う場合などには、ラピアクタの使用を勧めている。この場合、300mgか600mgの単回投与が基本だが、重症度に応じて600mgの反復投与も可能としている。

 一方、「外来治療が相当と判断される患者」にラピアクタを投与する際には、飛沫感染や空気感染の防止策が必要と指摘。外来患者には、タミフルかリレンザの使用が基本とした。ラピアクタは、服薬コンプライアンスが憂慮された場合などに使用する。この場合の用量・用法は300mgの単回投与。

 抗インフルエンザウイルス薬の投与方法は、タミフルが1日2回、5日間の経口投与、リレンザが1日2回、5日間の吸入で、ラピアクタが1日1回の点滴静注。ラピアクタの成人の用量・用法は、通常は300mgを、合併症などで重症化する恐れのある患者は 600mgを単回投与だが、症状に応じて連日反復投与できると添付文書で定められている。


【関連記事】
新規インフルエンザ治療薬ラピアクタを発売―塩野義製薬
15歳未満、より早い経過で死亡―新型インフル
タミフル売上高33倍などで大幅増収―中外製薬1-9月期決算
新規抗インフル薬、予防適応でフェーズ3試験を開始―第一三共
新規インフル治療薬が開発最終段階に―富山化学工業

テレビ朝日番組が無断でロケ撮影 ビルのオーナーに謝罪(産経新聞)
「未公開株」被害者に「回復手続き」と詐欺(読売新聞)
普天間の海外移設、軍の機動性に影響…米駐日大使(読売新聞)
「マンション投資より儲かる」携帯電話充電器マルチ商法(産経新聞)
「チンギス・ハーンとモンゴルの至宝展」 華やかな金冠に感嘆(産経新聞)

小沢氏「私の立場で対応」 名護新市長と会談、現行案見直し要請受け(産経新聞)

 民主党の小沢一郎幹事長は27日夜、沖縄県那覇市内で、24日に行われた同県名護市長選で当選した稲嶺進氏と会談した。

 米軍普天間飛行場の同県名護市辺野古移設計画に反対する稲嶺氏は、「辺野古の海に基地を作らないでほしい」と要請した。小沢氏は「私の立場でしっかり対応したい。名護の皆さん、沖縄県民の皆さんの気持ちはしっかりわかっている」と応じた。

 小沢氏はこの後、那覇市内のホテルで開かれた民主党の喜納(きな)昌吉参院議員(比例代表)のパーティーに出席。今夏の参院選について「まさに旧体制との最終戦と位置づけている」と述べ、民主党の単独過半数獲得に向け支援を求めた。普天間問題や自身の資金管理団体「陸山(りくざん)会」の土地取引をめぐる政治資金規正法違反事件に関しては言及しなかった。

 名護市長選後に沖縄入りした与党幹部は小沢氏が初めて。

【関連記事】
鳩山首相、新名護市長「お会いできるときにお会いしたい」
ハイチ陸自派遣「工兵が一番求められている」
「辺野古反対は生命線」社民党大会で意見相次ぐ
社民・福島氏「普天間移設は覚悟を持って」
退陣秒読みのはずが…

先月家庭訪問、男児と会えず=傷害致死容疑で両親送検-東京・江戸川の小1死亡(時事通信)
<鳩山首相>施政方針演説 理念強調も新政策の詳細示さず(毎日新聞)
加藤被告「間違いありません」=弁護側、責任能力争う方針-秋葉原無差別殺傷(時事通信)
トヨタ労組、5年ぶりにベア要求断念(読売新聞)
<ひき逃げ>車が歩道に突っ込み3人死亡 車の男女4人逃走(毎日新聞)

<置き去り>生後間もない女児が玄関先に 東京・大田(毎日新聞)

 30日午前7時40分ごろ、東京都大田区大森西2の民家の玄関先に生後間もない女児が置き去りにされているのを、この家の主婦が発見し、夫が119番通報した。女児は病院に搬送されたが、けがはなく、元気だという。警視庁大森署が保護責任者遺棄の疑いで、女児の親の行方を捜している。

 大森署によると、女児はへその緒がついたままで、体はきれいに洗われていた。セーターとタオルケットに包まれていたが、身元を示すものはなかった。【前谷宏】

【関連ニュース】
押尾学被告:女性死亡で無罪主張の方針 弁護人が会見
押尾学容疑者:保護責任者遺棄致死罪で起訴 裁判員裁判に
押尾学被告:保護責任者遺棄容疑で再逮捕
押尾容疑者:知人女性死亡で再逮捕へ 保護責任者遺棄容疑
押尾学容疑者:中毒死した女性での立件目指す 警視庁

<傷害>男に倒され自転車の女子生徒けが 愛知・岡崎(毎日新聞)
「刺された!」「あいつ、やばい!」響く怒声、制圧試みるも…(産経新聞)
最終弁論で“紙芝居”裁判員は「レベル高くない」(読売新聞)
<沖縄ひき逃げ>米兵を追起訴 読谷村・男性死亡(毎日新聞)
介護報酬の増額検討=12年度改定で-長妻厚労相(時事通信)
プロフィール

やまやひろゆきさん

Author:やまやひろゆきさん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。